暗記アプリや暗記(きちんと覚えているか時間をおいて反復することで、記憶として定着しやすくなるでしょう)ゲームで、暗記出来るようになるのでしょうか? 最近では、暗記(覚えようとする文字や?字などを何もみないで、口に出したり、書いたりできることをいいます)するのに大変有効な手段の一つとして、暗記アプリや暗記ゲームも利用されています。 とはいっても、暗記アプリに関しては単語帳的なものが多く、暗記ゲームについては神経衰弱っぽいものが多いのが現状です。 暗記アプリでは、自分で単語帳を作ったりするだけでなく、ネット上の人達が作った独自の単語帳をダウンロードして使うことができる場合もあります。 それに、難易度に合わせて出てくる単語(とにかく?をたくさん覚えることで、語学の習得につながっていくでしょう)が変わったり、写真と単語を合わせるようなカードが作れるものもあるようです。 とても多くの種類(まずはこれを把握することが第一歩となるでしょう)が出まわってますから、自分の目的に合わせて選ぶと良いでしょう。 暗記アプリは、時間や場所に限定されずに使う事ができて、覚えやすいと評判です。 これに対して、暗記ゲームの多くは、トランプの「神経衰弱」やフラッシュで出てくる数字を覚えていくようなものが多くなっています。 何かを覚える暗記(サヴァン症候群の人は、一度みただけで暗記できることもあるそうですが、内容を理解しているわけではないようです)というよりもは、その場で瞬間的に覚える力を養うようなものと考えた方がいいかもしれません。 でも、暗記(サヴァン症候群の人は、一度みただけで暗記できることもあるそうですが、内容を理解しているわけではないようです)力や集中力を付ける訓練には役立つかもしれませんよー